車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わって

事故にあった車の時は、修理料金をはずんでも、事

車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

いわゆる白や黒の定番色は市場で人気が安定しているので、プラス査定になることが多いです。また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えて車体の汚れがあまり目立たないという特徴があるので高い人気を誇っています。

車体の色が定番色以外の場合には、見積額が高くなるとは考えにくいのです。

車を査定するときには流行している車体色だとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間にそのボディカラーの流行が廃れていることを考えに入れて査定しなければいけないからです。


改造車は買取であまり良い評価を受けません。そこそこ大手の買取店でしたら、メーカーやディーラーの正規のオプションなら高く評価される場合が多いです。

需要があるのはサンルーフや純正ナビ、革シートなどで、これらは査定額が上がる要因になりますが、一方、車高の調整や社外エアロ、社外アルミについてはあまり高い評価にはなりません。スポーツカーを売りたいなら間違いなく専門店が最良の選択です。

新しければ新しい年式のものほど査定額は高くなってきますし、グレードも高くなるほど査定額もアップすることでしょう。

ボディカラーも査定のときにチェックされるポイントで、ポピュラーな白や黒、それにシルバーなどが人気です。
車を買う時は、遅かれ早かれ売却することを考えて一般受けしそうな色の車を購入するのも手かもしれません。車査定では、走行距離の長い車であるほどマイナス要因となります。特に10万キロ超えの車だとどんなに希少価値のある車であってもゼロ円で査定されると予想しておくべきでしょう。

走行距離が同じで、乗車期間が長い車と短い車を比較した場合、短ければ短いほど不利だと考えてください。
短期間に酷使された車だと文句なしの判断材料にされるためです。


買い換えや処分など、乗っている車を売りに出す時には、できるだけ高値で売りたい、というのが自然です。

ところでもし、その車が世間で人気の高いボディカラーだった場合は、査定の時に意外と良い値段になったりすることがよくあります。

車の人気カラーなどというものは、移り変わっていくものではありますが、白や黒、それからシルバーといった無難なところだと使いやすいということもあるのでしょう、いつでも人気のあるカラーです。

自分で自動車を持っていると、たとえ使う頻度が少なかったとしても維持費は同じようにかかるのです。

2年に1度は車検費用がかかりますし、自動車税は毎年、更に任意の自動車保険費用もかかります。

更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、駐車場の料金もかかってくるのです。

自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、少なくはない維持費用を払ってでも乗り続けたいのか存分にあれこれ検討してみると、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。どんなこともそうですが、準備さえ怠らなければ査定時直前になって慌てなくて済みますし査定額にプラスに作用することもあります。



まずは出来るところから、掃除を徹底しましょう。ノーマルなら問題ありませんがパーツをいじっている車は、元のパーツが手元にあるなら付け替えておきましょう。メーカー純正パーツの車というのは買取り査定ではプラスの査定がつく傾向にあります。
あとは、売却にかかる時間を短く済ませようと思ったら、あらかじめ必要書類を揃えておくと良いでしょう。



売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビ等のオプション品が付属していると基本的にはプラスの査定になることでしょう。

ただ、最近発売されている車にはすでにカーナビは付いているのが当然ですから、比較的新型のカーナビでないと大きく見積額がプラスになるとは思えません。
カーナビシステムが標準的になっている現代において、カーナビ非搭載だと査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。愛車を売却したときにその場でお金を持って帰りたいときには、売ったお金を即金で受け渡し可能なところをあたると良いでしょう。即金対応可能と謳っていなくても、相談に乗ってくれる店舗も存在します。

でも、即金対応してもらう場合には、より高い見積金額は提示されなくなる可能性が高いことを覚えておいて下さい。

現金をすぐに持ち帰りたいのかちょっとでも良いから高額で査定してもらいたいのか、自分の意見に近いのはどちらなのかハッキリさせて、後者が上回るのであれば即金対応にこだわってしまうのはあまり良い傾向とは言えないでしょう。過去に事故を起こした車や総走行キロ数が10万kmを越える車だと、中古車市場では敬遠される対象なので満足な値段がつかないことも珍しくありません。



残された選択肢はというと、少々面倒ですが廃車手続きをすれば自動車税の還付を受けることもできますし、ワケありの車を専門にしている業者に打診する方法もあります。



その場合は使える部品や部位については値つけをしてくれるため、引き取れないと言われることはまずありません。税の還付なら廃車、手軽さと金額のバランスなら業者でしょうが、結果的にトクする方を選んでください。